スパイシーウェーブの幸せ輝く人事ブログ!

スパイシーウェーブの人事より、日常をスパイスアップする刺激溢れる情報を発信するブログです。

スパイシーウェーブ人事のカルチャーショックシリーズ【風邪編】

夏真っ盛り!風邪などひいていませんか?

みなさんこんにちは!

株式会社Spicy Wave人事の吉田です。

 

8月に入り、街では夏休みでお出かけ中の親子を見かけたり、夏真っ盛りだなーと感じる最近。みなさん風邪などひいてませんか?

f:id:spicy-wave-hr:20180803154232j:plain

わたしの同僚は早速夏風邪をひきました。

風邪のときにはどうすると早く治るのか、と話しているなかで、日本とアメリカの風邪をひいたときに食べるもの、に違いがあったので、本日はそのご紹介です。

 

胃腸に優しく体をいたわる、日本のお粥

f:id:spicy-wave-hr:20180803154311j:plain

日本では風邪をひいたときや、体調が悪いときに食べるもの、といえば「お粥」。

お米を多めの水分で炊いて、梅干しや漬けものなどのおかずと一緒に食べます。

 

柔らかく消化されやすいので、体力がないときのエネルギー補給として最適な食べものです。



栄養たっぷりで免疫力をあげる、アメリカのチキンスープ

f:id:spicy-wave-hr:20180803154443j:plain

一方、アメリカで風邪のときの食べものといえば「チキンスープ」。

鶏肉、玉ねぎ、人参、セロリなどをハーブと一緒によく煮込んだチキンスープは、風邪のときの定番。

 

自宅で手作りもしますが、お店の定番メニューでいつでも食べれたり、缶詰めのスープがスーパーで並んでいたりします。

 

風邪をひいてデートをキャンセルされたガールフレンドに、チキンスープを買ってお見舞いする...なんていうシーンは定番で、映画やドラマによく登場します。



体を温め、ゆっくり休んで、また元気に輝こう!

日本では消化のよいお粥、アメリカでは栄養たっぷり具だくさんのチキンスープ。

食べものひとつ取っても、文化の違いが現れておもしろいですね。

 

食べものそのものは違いますが、風邪をひいたときは、しっかりと栄養をとり、体を温めて、ゆっくり休むことが、回復への近道です。

 

温かいお粥やチキンスープを食べて、また元気に輝きましょう!



それでは今日も素敵な1日を♪ Have a nice day!