スパイシーウェーブの幸せ輝く人事ブログ!

スパイシーウェーブの人事より、日常をスパイスアップする刺激溢れる情報を発信するブログです。

スパイシーウェーブでも意見が分かれる!あなたはどっち派?【パクチー編】

あっこちゃん社長も大好き!巷で大人気の「パクチー」!

みなさんこんにちは!

スパイシーウェーブ人事の吉田です。

 

みなさん、パクチーは好きですか?

風味の強いこのハーブは、人によって好き嫌いがハッキリ分かれます。

 

スパイシーウェーブでは、あっこちゃん社長を筆頭に、パクチー好き派が大多数です。F

 

好きというよりも、むしろ愛。

 

スパイシーウェーブのInstagramにも登場しましたが、パクチーへの愛が溢れて自宅でパクチー栽培をしているメンバーもいるほどです。

 

◼️スパイシーウェーブ公式Instagram

https://www.instagram.com/p/Blo9sZ3BjxN/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=e6fidot540z7

 

今回はそんなパクチーについてです!



それもパクチーだったのか!国によって変化する「パクチー」の名前

f:id:spicy-wave-hr:20180810003033j:plain

こちらのパクチー、実は国や部位によってさまざまな名前を持っています。

 

日本

パクチーという名前が一般的です。お店のメニューやスーパーでもパクチーの名前で売られています。香菜(こうさい)という名で販売されているのも見かけます。

 

U.S.A

シラントロー(Cilantro)またはコリアンダー(Coriander) という名で呼ばれています。シラントローが葉や茎。コリアンダーがそれ以外の種などの部分を表します。

 

中国

香草(シャンツァイ)と呼ばれています。

 

わたしが実際に知っているのはこの程度なのですが、国によってはさらに異なる名前がありそうですね。



パクチー好きな人も苦手な人も使える英会話はこちら!

f:id:spicy-wave-hr:20180810003105j:plain

パクチー好きな人は、本当に大好きですよね。最近の飲食店では、普通の居酒屋さんでも追加でパクチーを注文できるシステム、「追いパク」ができるところがあります。

 

大好きなパクチー!せっかくだったら海外旅行中も追いパクしたい!

そんなときには店員さんに

 

“Can I get extra Cilantro?” 

(キャナイ ゲット エクストラ シラントロー?)

 

「追加のシラントローをもらえますか?」

 

と聞いてみましょう。海外でも追いパクできること間違い無しです。



反対に、このサラダがとっても美味しそうなんだけど、パクチー入ってるのがなぁ...と、パクチーが苦手な方は、店員さんに

 

“Can I get this salad with no Cilantro?”

(キャナイ ゲット ディス サラダ ウィズ ノー シラントロー?)

 

「このサラダをパクチー抜きでもらえますか?」

 

と聞いてみましょう。海外のレストランはわがままを聞いてくれるところが多いので、食材抜きや追加なども柔軟に対応してくれるところが多いです。



主役にも脇役にもなる!まるでアカデミー賞俳優なパクチー

f:id:spicy-wave-hr:20180810003206j:plain

数年前までは、パクチーというとお寿司のわさびや、そうめんの生姜のように「薬味」として、ちょっとスパイシーな脇役としてメインの料理を引き立てるような役割が多かったです。

 

しかし、最近ではパクチーサラダやパクチー乗せ放題パスタなど、パクチーを主役として打ちだすメニューをたくさん見かけるようになりました。

 

わたしも実際にいったことがある以下の2店のパクチー料理は、パクチーが主役をはれるのか!とその美味しさと斬新さに驚きました。

 

◼️肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場

<参考記事>

株式会社Yummy,Dtimes「ダンダダン酒場 悪魔的に旨いパクチーサラダ | 【実食レポ】肉汁溢れる焼餃子や悪魔的に旨い香菜サラダが自慢!肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」,

https://dtimes.jp/natty-swanky-dandadan-report-2017/dandadan-sakaba-07/〉,(2018年8月9日閲覧).

 

◼️ビオディナミ

<参考記事>

東京地下鉄株式会社および株式会社ぐるなび,レッツエンジョイ東京「【新宿】生ハム、しらすパクチー乗せ放題!「ビオディナミ」のパスタランチ実食レポ」,

https://www.enjoytokyo.jp/style/108594/,(2018年8月9日閲覧).

 

とっても美味しいですが、タイ人の友達からすると「パクチーだけそんなたくさん食べるなんて、日本人大丈夫!?」と感じるようです。

日本人に置き換えると、「わさび丸かじりして、大丈夫!?」といった感覚でしょうか(笑)

 

脇役にも主役にもなれる優秀ハーブのパクチー

どんどん新しいメニューを発見して、美味しい幸せにたくさん出会っていきましょう。



それでは今日も素敵な1日を♪ 

Have a nice day!