スパイシーウェーブの幸せ輝く人事ブログ!

スパイシーウェーブの人事より、日常をスパイスアップする刺激溢れる情報を発信するブログです。

スパイシーウェーブが大予想!激辛商品のトレンドとこれから

激辛スパイシーなアイテムがコンビニに勢揃いした2018年の夏

みなさんこんにちは!

スパイシーウェーブ人事の吉田です。

 

8月もいよいよ終わりですね。

 

今年の夏はあっこちゃん社長率いる、株式会社Spicy Waveで働き出してからはじめての夏。

 

そのせいかもしれませんが、今年の夏はコンビニやスーパーのお菓子に、「スパイシー」なものがたくさん登場していたように感じました。

 

最近訪れたセブンイレブンでは、4種類もの「辛さ引き立つ」シリーズのお菓子が店頭に並んでおり、激辛人気を肌で感じました。

f:id:spicy-wave-hr:20180831150038j:plain

 

◼️株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

https://www.sej.co.jp/index.html



各社定番激辛スナックは、超激辛から旨味のある辛さに方向転換

数年前から激辛スナックは人気です。株式会社東ハトさんの暴君ハバネロなど、かなりの辛さを前面に押したスナック達がここ数年続々と登場しています。

 

◼️株式会社東ハト

https://www.tohato.jp/products/habanero/

 

この激辛ブームに乗って、東ハトさんでは暴君ハバネロの辛さをどんどん上げていったそうです。しかし実際は、予想に反して辛さをあげるほど売り上げは落ちる、という思わぬ結果になり、現在の暴君ハバネロは発売した当時のころの辛さに戻っているそうです。

 

<参考資料>

日経BP社 日経TRENDY

激辛食品マイルド化 メーカーが語る驚愕の真相とは

https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/071001367/?P=2,(2018年8月29日閲覧).



これからの激辛スナックはより多様なスパイシー商品に注目が集まりそう

そういった消費者の声を受けて、これからの激辛スナックは単純に辛さを上げていく。

というよりも、より多様化しさまざまな風味を持つものが増えてきそうです。

 

先ほどの暴君ハバネロも、辛さのレベルはそのままでパクチー風味にできる

暴君ハバネロ パク盛」という、パクチーフレーバーのものが登場しています。

f:id:spicy-wave-hr:20180831150115j:plain


あっこちゃん社長やパクチー愛の強い仕事仲間達は、試さずにいられない一品です。

 

株式会社湖池屋さんからは、カラムーチョとアジアのスパイスを組み合わせた、「アジアンムーチョ」が今月から販売されています。

f:id:spicy-wave-hr:20180831150157j:plain

 

◼️株式会社湖池屋

https://koikeya.co.jp/oyatsu_review/2018/08/karasuppa1808.html



激辛だけじゃない!「風味豊かに味を彩る」という意味でのスパイシー

スパイシーと聞くと、激辛や旨辛などの「辛さ」をイメージしてしまいますが、株式会社Spicy Waveでは「風味豊かに味を彩る」というイメージです。

(あっこちゃん社長も、激辛はあまり得意ではありません。)

 

唐辛子の「辛さ」だけでなく

パクチーの「爽やかさ」

トムヤムクンのコブミカンの葉の「酸っぱさ」

 

など、多様な風味でひとつの料理を彩るスパイス。

そもそもたくさんの種類があるのはもちろんですが、スパイス同士の組み合わせや、料理との組み合わせによっていろんな味が生まれる、可能性に溢れた料理の立役者たちです。

 

これからもいろいろなスパイシーな情報を提供しながら、いろどりに溢れた日々をつくっていきます。

 

わたし達の毎日が、輝く幸せで満たされますように。

 

それでは今日も素敵な1日を♪ 

Have a nice day!