スパイシーウェーブの幸せ輝く人事ブログ!

スパイシーウェーブの人事より、日常をスパイスアップする刺激溢れる情報を発信するブログです。

スパイスとわたし。スパイシーウェーブが贈るスパイスストーリー【パクチー編】

癖のあるパクチーなどのスパイス。あなたは最初から好きでしたか?

みなさんこんにちは!

スパイシーウェーブ人事の吉田です。

 

わたし達、株式会社Spicy Waveは、あっこちゃん社長をはじめとして、みんなスパイスが大好きかつ興味津津です。

 

先日、仕事仲間と話しているなかで仕入れた、「彼女とパクチーの物語」を本日はご紹介!

これは、あるひとりの女性とパクチーの数奇な出逢いを取り上げたものです。



パクチーとの出会いと別れ

f:id:spicy-wave-hr:20180905084334j:plain

彼女がパクチーと出会ったのは中学生のころ。

 

当時はまだまだ珍しかったタイ料理屋さんで出てきた生春巻きに、パクチーは入っていました。

 

パクチー入りの生春巻きを食べた瞬間、彼女はその匂いに絶句!

 

これはなんの匂いなのか。これはなに味なのか。

 

とにかく理解の範疇を超えたその風味に困惑し、驚愕した当時の彼女。

 

なに味かわからないけど、とにかく強烈なその香りをもつ草が「パクチー」という名前だとわかると、「パクチーは臭い。嫌い。」という情報がインプットされ、彼女はそれからしばらくの間パクチーに別れを告げるのでした。



意図しなかったベトナムでのパクチーとの再会

f:id:spicy-wave-hr:20180905084353j:plain

それから10数年のときが経ち、大人になった彼女は旅行でベトナムを訪れました。

 

パクチーは苦手と思っていた彼女は、ベトナムにいるのにパクチーを避けながら旅行を楽しんでいました。

 

しかし、せっかくパクチーの本場とも言えるベトナムまできて、パクチーも食べずに帰るのはもったいなくはないか、と考えた結果。

 

ホテルの朝食に出ていたフォーに、パクチーをトッピングし、勇気を出して食べてみたそうです。

 

すると、口に入れて噛んだ瞬間に広がるパクチーの香りが、温かいシンプルなフォーに爽やかないろどりを加えて、入れる前と別物のように深い味わいになって、とっても美味しい!

 

パクチーのもつスパイスとしての力に感動した彼女は、もっとパクチー料理を試してみようと心に決めて帰国しました。

 

当時、偶然にも日本はパクチーブーム真っ盛り!

 

パクチーサラダなど、本来は脇役のパクチーを主役にした料理も続々と登場していました。

 

そんななか、彼女はドキドキしながらパクチーサラダを食べてみたところ、病みつきになる美味しさを再発見!

 

それ以降、彼女はパクチー好きとして、日々美味しそうなパクチーメニューを探すべく、訪れたお店のメニューにパクチー料理はないかチェックしているそうです。



パクチーとスパイスへの想い。

f:id:spicy-wave-hr:20180905084414j:plain

彼女にとってのパクチーの第一印象は臭い、嫌い、というものでしたが、ときが経ち再度パクチーに挑戦したときには美味しい!と180度印象が変わっていました。

 

スパイスの多くは独特の風味をもち、人によって好き嫌いはさまざまです。

 

ですが、スパイスのあるとないとでは、料理の深みや旨味、印象や表情がガラッと変わります。

 

人間関係も似ているところがあります。

第一印象はイマイチだったけど、よく知ってみるとすごくおもしろい人だった!

なんてことは、よくあります。



スパイスも人間関係も、食わず嫌い、知らず嫌いしてはもったいないですね。

 

たべものや人生のさまざまなスパイスと出会い、あなたとスパイスのスパイスストーリーで、人生をいろどり豊かにしていきくきっかけに株式会社Spicy Waveがなれたら嬉しい限りです。

 

わたし達の目指すビジョンについては、ぜひ公式HPをご覧ください。

 

◼️株式会社Spicy Wave

https://spicywave.co.jp/



わたし達の毎日が、輝く幸せで満たされますように。

 

それでは今日も素敵な1日を♪ 

Have a nice day!