スパイシーウェーブの幸せ輝く人事ブログ!

スパイシーウェーブの人事より、日常をスパイスアップする刺激溢れる情報を発信するブログです。

日本の七不思議!?スパイシーな台湾ラーメンが名古屋出身の謎

はじまりは、社長おすすめのラーメン屋さんの台湾ラーメンでした。

みなさんこんにちは!

スパイシーウェーブ人事の吉田です。

 

先日、あっこちゃん社長とスパイシーウェーブの仕事仲間たちとで、ラーメン屋さんに行きました。

 

そのときみんなでシェアしながら食べた一品がこちらの「台湾ラーメン」。

ピリ辛でとってもおいしかったです!

f:id:spicy-wave-hr:20181017080204p:plain

 

スパイシーウェーブのFaceBookページでもこの時の様子をご紹介しています。

◼️スパイシーウェーブ FaceBookページ

www.facebook.com

 

そんな、にらとにんにくを利かせたひき肉がたっぷりのった、スパイシーな台湾ラーメンの話をラーメン好きの友人に話したところ、なんと台湾ラーメンの出身地は台湾ではないという事実が!

 

最近ではカップ麺にも登場している大人気の台湾ラーメン

とても気になったので調べてみました!



台湾ラーメンの発祥は、名古屋の台湾料理屋「味仙」さん

f:id:spicy-wave-hr:20181017075851j:plain

日本で台湾ラーメンが生まれたのは、名古屋にある台湾料理屋の「味仙(みせん)」さんです。

 

そもそも名古屋の台湾ラーメンは、今池台湾料理店「味仙」が発祥。昭和40年代に台湾出身の創業者が担仔麺(タンツーメン)を辛口にアレンジして、従業員のまかない用に作ったのがはじまりだ。それを知った常連客から、食べたいとのリクエストがあってメニューに加えられた。その際、台湾人が作ったから台湾ラーメンと名付けられた。

 

■株式会社リクルートホールディングス メシ通

台湾ラーメンの元祖「味仙」にはアメリカン、イタリアン、アフリカンという必殺メニューがある【名古屋を真っ赤に染める】

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/masaki-nagaya/18-00032 (2018/10/16 閲覧)

 

まかない飯がいまや手羽先をおいて、名古屋の代表的な名古屋メシになるなんて、本当に美味しいものの威力は絶大です。



なんと東京でも食べられる!「味仙」さんの東京店舗は神田に2店

そんな名古屋メシの台湾ラーメン、なんと東京で食べられます!

しかも台湾ラーメンの生みの親、「味仙」さんの店舗が神田にあります。

 

■味仙

www.misen-ganso.jp

 

台湾ラーメン以外にも、酢豚など美味しそうなメニューがホームページにもずらりと並んでおり、ぜひ食べに行ってみたいです。



お店と従業員とお客さんの想いが紡がれて生まれたご当地グルメ

f:id:spicy-wave-hr:20181017075916j:plain

台湾ラーメンが名古屋発祥、という事実にも単純に驚きますが、わたしが感動したのは台湾ラーメンが元々まかないだったということ。

 

いつも頑張って働く仲間のために、おいしいごはんを食べさせてあげたいという店主の想い。

いつもお店にくるお客さんのために、さらにおいしいメニューを食べてもらいたいという従業員の想い。

味仙で食べたおいしい台湾ラーメンを、ほかの人にも食べてもらいたいというお客さんの想い。

 

そんな想いが重なって、東京にいるわたし達までおいしい台湾ラーメンが食べられるようになりました。

 

そんな風に、お店の看板メニューが生まれ、たくさんの人に愛されていくことは、お店冥利に尽きるのではないでしょうか。

 

スパイシーウェーブは、日用品やスパイスなどの「もの」を主に扱う会社です。

しかし、その根っこにあるものは、人生のどんな刺激的でスパイシーな波も乗り越えて、理想を実現し輝いていこうという想いです。

 

これからもそんな想いを紡ぎながら、たくさんのひとに良質なものや体験を提供していきます。

 

スパイシーウェーブの想い、ぜひ公式ホームページでもご覧ください。

 

■株式会社SpicyWave(スパイシーウェーブ)

spicywave.co.jp

 

わたし達の毎日が、輝く幸せで満たされますように。

 

それでは今日も素敵な1日を♪ 

Have a nice day!