スパイシーウェーブの幸せ輝く人事ブログ!

スパイシーウェーブの人事より、日常をスパイスアップする刺激溢れる情報を発信するブログです。

人間の本質!?スパイシーウェーブより、幸せの鍵を握るアレについて!

意外と知らない「水」についての基礎知識!

f:id:spicy-wave-hr:20180713082625j:plain

みなさんこんにちは!

株式会社Spicy Wave人事の吉田です。

 

梅雨が明けて、もう夏本番ですね!毎日暑くて、会社に通勤するだけで汗びっしょりというかたもいるのではないでしょうか。

 

そんなに暑くて汗をかくと、ごくごくと喉を鳴らして一気に飲んでしまうのがビール...ではなく「水」!

 

人間の体の半分以上を占めるのがこの「水」です。普段、あたり前のように飲んでいますが、どうせならより健康でいることができ、よりよいパフォーマンスで仕事に挑めるよう、効果的な飲み方ができたらいいなと思いました。

 

今回は、そんな「水」についてです!



水、足りてる?

f:id:spicy-wave-hr:20180713082635j:plain

みなさんは、自分が1日にどれくらいの量の水を飲んでいるか知っていますか?

大人の場合、1日に約2リットル程度の水を飲むとよい、というのはご存知のかたも多いと思います。

しかし、実際に毎日2リットルの水を飲まれているかたは少ないのではないでしょうか。

 

体のなかで水が不足すると、肌の乾燥や、ひどいと頭痛などの原因にもなるそうです。

たしかに、水分をたっぷり含んだ水々しい採れたてのトマトは、表面に張りがあり輝いて見えます。反対に、水分の失くなったドライトマトは、シワシワのカサカサです。

 

また、体内の水分不足=脳の水分不足 となるため、充分に水分をとった場合とくらべて脳のパフォーマンスが低くなる、ということもあるそうです。

脱水症状になってしまったマラソンランナーは、いいタイムで走りきることができないように、脳も最高のパフォーマンスで動けないのですね。

 

とあるバレエの有名校では、新入生に配られる手引きに1日3リットルの水を飲むこと、と明記されてもいるそうです。

 

毎日の自分の輝く見た目や、仕事でのよりよいパフォーマンスを、水を適量飲むことでつくれるのであれば、もっと気をつけて充分な水を飲んでみたいです。



水、朝に飲んでる?

水を飲む最重要タイミング!それは「朝」起きた直後です。

寝てから起きるまで数時間の間、私たちは水を飲めません。なおかつ、今の季節寝ている間もたくさん汗をかき、起きた直後の体は脱水症状に近いこともあるそうです。

 

そのため、朝起きた直後にまず、コップ1杯の水を飲む。

これだけで、水不足状態から体が抜け出し、よりコンディションよく1日を過ごせるそうです。

 

起きたら水を1杯飲む。こんなに手間をかけずに体を整えられるなんて、水の力を感じずには要られません。

 

最近では、アクアソムリエという、水の専門家もいらっしゃるそうで、水がいかに重要視されているかもわかります。



水、ちなみに英語では?

f:id:spicy-wave-hr:20180713082509j:plain

さて、水について知ったみなさまは、きっと今無性に水を飲みたい気持ちでいっぱいではないでしょうか(笑)

 

そんなみなさまに、日本でも、海外でもいつでもお水が飲めるように、お水に関する英語のフレーズをシェアいたします。

 

「水」は英語で WATER ですね。

発音は「ウォーター」というよりかは、「ワァーラァー」に近いです。

地域によって発音に違いが出る単語でもあり、イギリスやオーストラリアだと「ウォッァ」という響きにもなるそうです。

 

「お水ください」は ”Can I have water?” でも通じないことはないですが、

“ Can I have a bottle of water? ”  「お水を1本ください」 ※ペットボトルなど

“ Can I have a glass of water? ”     「お水を1杯ください」 ※レストランなどで

 

など、水の入れ物を意識して伝えると、goodです。

 

さあ、これでどこにいっても十分なお水が飲めますね!

お水を飲んでコンディションを整え、体と心を潤わせながら頑張りましょう!

 

それでは今日も素敵な1日を♪ Have a nice day!